2021-04-04

ヘナワークショップですっきり笑顔(^^)

Pocket

今日、4月4日は講師に西山茂樹先生をお迎えしてヘナワークショップを開催しました。
天然の植物から作られた綺麗な緑色の粉をぬるめのお湯で溶くと、なんともすがすがしい香りがほのかだけど、部屋中に広がります。
少し手に取って、喉や眉間の少し下あたりにつけると、何だか気持ちもすっきりする感じ…

今日は、母屋の広間でヘナワークショップ、キッチンでは子ども達のお好み焼きワークショップ。
なんとも妙な取り合わせでしたが…両方の香が混ざるってことは無かったようです。。。

子ども達のお好み焼きは自由に繰り広げられる…

お互いにヘナを塗りっこしている様子はある意味神々しい感じもしたりして…(^^)
塗っているのは頭なのに、肩の方までじんわりあったかい感覚になるそうです。

今日はこれを塗ったまま夕方まで過ごし、湯舟に使って洗い流します。ヘナと一緒に入ることで身体も浄化されるんですね(^^)

そっか…このまま、みんなお家に帰るんだ。。。湯上りのお母さん達みたいやけど、、、

このあと、先日手に入れた石臼を始動。去年採れた小麦を挽いてみました。

お好み焼きワークショップやってた子ども達も興味津々。200gくらいが1-2分ほどで挽けて、「早っ!」。

ここはやっぱ、挽き立てを味わいたい。
すると湯上りお母さん達は、せっせとお粉に溶き卵入れて、お砂糖入れて、ミニパンケーキを作ってくれました。
100%全粒粉のパンケーキ。去年、必死で一粒一粒手作業で脱穀した小麦達を今日、やっと味わうことができたのです。

次は米粉に挑戦だな~(^^)

今日も賑やかSasabase。

皆さんありがとうございました。

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。